どんなメリットがあるのか

診察

多くの従業員を抱えている会社では産業医が必要になります。従業員が居れば居るほど、誰か一人くらいはメンタルに支障をもたらすこともあるかもしれないからです。仕事上の悩みはもちろん、プライベートな悩みなども含めて心のケアをしてもらいましょう。このような専門医を紹介してくれるところといえばいろいろあります。インターネットで紹介してくれるサイトを探してみるのもいいかもしれません。しかし、ネット上の情報は信頼できないという人もいることでしょう。それなら直接、精神科や心療内科を訪れて専門医に交渉してみるしかありません。場合によっては承諾してくれる医師も居るはずです。また、産業医として専属契約をすることによって得られるメリットはたくさんあります。その点も調べてみましょう。

詳細を把握しよう

受付

産業医というとどんな仕事をするのか知らない人も居ることでしょう。紹介してくれる人に詳細を聞いてみるのもいいかもしれません。一般的に言われているのは企業と専属的に契約をして、その企業の従業員の体調管理、健康管理をする医師となります。そのため、定期的に出勤することになるのです。従業員の心のケアはもちろん、体調が悪い時に診察もします。定期検診もするので、従業員一人一人の健康管理もしっかりできるわけです。このような人が一人でも居ると、企業としてはとても助かることでしょう。そんな人をぜひ我が社に迎えたいという会社は、どんな医師に専属医となってもらうかじっくりと比較して決めることをおすすめします。実績や評判などを参考にして選びましょう。

比較して決めよう

医者

産業医を紹介してくれる機関やサイトなどがあれば、存分に活用することをおすすめします。その際、一人だけに限らず、複数名を比較することが大切です。特に大事な点は実績です。経歴がまだ浅い医師となると安心して従業員の健康管理を任せることはできないでしょう。信頼できる医師から推薦されたというのであれば、また話は変わってきます。いろいろな視点で比較することが大事です。それから、役職のある人などが実際にその医師と話をしてみるというのもいいかもしれません。対応してもらったことで見えてくるものがあるからです。親身的に相談に乗ってくれる人かどうかチェックしましょう。この人なら安心して任せられるというのであれば、すぐに契約をすることをおすすめします。ただし、産業医として契約するにはいろいろと決まり事があるので、その点をきちんと理解してもらわなくてはなりません。双方にとって万全な状態で契約を交わしましょう。

広告募集中